一眼レフよりレンジファインダー風ミラーレスは盗難されにくい?

あるバックパッカーの人が書いていたのですが、東南アジアなどで、日本人はかっぱらいや詐欺のカモになるわけですが、特に狙われやすいのはカメラだそうです。

一番狙われるのは、いかにもデジタルな一眼レフということでした。

高く売れるんでしょうねー。

カメラは日本で買うのが一番安く、海外ではずっと高いそうです。そういえば中国人の観光客が、ヨドバシカメラなどで、カメラのまとめ買いなどしていますね。

スポンサーリンク

海外でカメラの盗難を防ぐ方法

海外で狙われないようにするには、カメラを首からプラプラさせないようにするということは当然ですが、カメラを狙われにくいものにするというのもひとつの作戦のようです。

フジフイルムのXシリーズや、オリンパスのミラーレスなど、クラシカルなスタイルのカメラは、古臭いフィルムカメラに見えるそうで、キャノンやニコンに比べて、あんまりターゲットにならないんだとか。

かっぱらいは、カメラのことなんて実はたいして知らないんですね。本当はコッチのほうが高かったりするのに。

レンズにガムテープでも巻いて故障を演出すれば、よりグッド、ということです。

私も海外旅行に行くときは、X20かX-Pro1にガムテープを巻いて、ぼろっちいストラップをつけて、持って行こうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする