コンパクトカメラとしてのX20

DSCF1184

X20で撮った写真と、X-Pro1で撮った写真は、雰囲気というか深みがやっぱり違うなあ~ほわわー、と思うんですが、やっぱり日頃持ち歩くには、コンパクトカメラであるX20の方が便利です。

スポンサーリンク

工事現場の写真

最近、自宅マンションの大規模工事があって、きれいになっていく過程を写真で残しておこうと思って、毎日撮っているんですけど、現場写真だけでなく、工事関係者を撮るのには、X-Pro1だと目立ってしまうんですね。

いかにも写真を撮りまーす、みたいなかんじだと、お仕事の邪魔なようだし、とび職の兄ちゃん達にカメラを向けるのって、なんかコワイし。何勝手に撮ってんじゃワレ、と言われそうで。(皆さん爽やかな挨拶で、ぜんぜんそんなことはないんですが。)

これがX20だと、なんとなく通りがかりに、音もなく自然な感じで撮れます。

DSCF6519

プロの選ぶコンパクトデジカメ

先日、とあるパーティーでプロカメラマンの隣の席になりました。カメラマンも仕事で来ているわけでなく仕事用のカメラは持ってきておられませんでしたが、コンパクトカメラはもっておられました。もっていたのはキヤノンのS100。

ポケットに入るし、いつも持ち歩いている、ということでした。ズームできるし、色合いも好きなので気に入っておられるとのこと。ポケットに入るというのは身軽でいいですね。

X20はコンパクトと言っても、胸ポケットには入りません。ダイヤルでの操作とか好きなんですけど、X-Pro1でここ一番の写真を撮るというふうになってきたら、もうひとつ持ち歩くには、さらに小さいカメラでもいいのかなあーというふうにも思えますね。

フジフイルムにも、さらに小さいX-Q2がありますね。センサーは2/3型 X-Trans CMOS IIセンサーで、X30と変わらないし。併用するならソッチのほうがいいかも。

身軽さ重視で行くなら、iPhoneでまにあうような気もしますが、でも、iPhoneだとあんまり写真を撮る嬉しさって、少ないんです。撮っておきたいものがあったらiPhoneでも撮るけど、あえて写しまくりたい、という気持ちにはなりませんね。

持ち運びしやすさ、画質、操作性、雰囲気、他のカメラとの組み合わせなどで、使いたいカメラは変わるのだな、と思うようになった今日このごろなのでした。それで、各メーカー、あんなにいろいろラインナップがあるのですね。

大規模修繕経過途中写真(X-Pro1 X20)

DSCF7717

DSCF5021

DSCF7513

DSCF6656

DSCF7722

DSCF7728

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする