フォトブックの写真はAIが選ぶ

フジフイルムの株主優待で、フォトブックのクーポン券が来たので、作ってみました。

通常は、自分で選んだ写真を、アップロードして、レイアウトは自動でしてくれるというものですが、大量の写真データにつなげれば、写真を自動で抽出して、レイアウトもしてくれて、フォトブックにできるというものでありました。

>>フジフイルム フォトブック

5000枚あたりが上限みたいですが、その中から、これはというものをソフトが自動で選んでくれるのです。

これがまた、いい感じになるのですわ。

自分で選んだら、絶対に入れないような写真がチョイスされているというのが、面白いところです。

たまに、これ、関係ない人、というのも混じってたりしますが、そのあたりは調整できます。

スポンサーリンク

写真を選択する技術

機械が選んでくれるというのは、楽ですね。

大量の写真を見て、これじゃないとか、さっきのが良かったとか、選ぶのは大変な作業です。

自分と違った価値観で選んでくれるのは、ありがたいものです。我欲を捨て、運命に身を委ねようという気になります。

しかし、これってどうでしょうねー。

写真の技術って、撮影技術もさることながら、どれを作品として選ぶのかというのも、写真の技術の一つだと思うのです。それも結構重要な。もしかしたら、撮影技術以上に。

これを放棄してしまうというのは、いかがなものかという気がします。

それに、機械が選ぶって、その機械自身が価値観を持っているのではなく、なにかアルゴリズムによるものでしょう。不特定多数に対応できる、最大公約数的アルゴリズムが設定されているはずで、それでは芸術じゃないです。

いや、どうかな。

アルゴリズム設計者の価値観が反映されているとしたら、それもまた人間の所業か?

芸術と言っていいのか?

深く考えると、わけわかんなくなりますけど、オートよりマニュアルが好きな私が、フォトブックづくりをオートでやるというのは、ポリシーに反することでありました。

マニュアル操作でやります。

(自動で、選ばれそうにもない写真)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする