簡単にできる構図のとり方

DSCF8322-002

感じのいい写真にするためには構図が大切と言われますけど、私もどんな構図がいいんだろか? と写真を撮るときに思ったりするんですが、いまいちピンとこないもんで、やたらめったらたくさん撮って、いい感じのを選んでおります。

日の丸構造、対角線の構造、三分割構造、二分割構造、左右対称、S字型、などなどいろいろありますね。

でも、いちいち考えておれません。

スポンサーリンク

著名写真家たちが推奨する構図のとり方

私が、それいいな!と思った構図のとり方に関する教えは、次のようなものです。

「顔が真ん中に来ないよう少しずらす。相手の幸せを願ってシャッターを押す。」
(ハービー山口氏が、何かに書いておられました。)

「自分の気持に正直になることが第一で、あとは四隅に気を使う。」
(糸川耀史「東海道徒歩38日間ひとり旅」より)

「マルサンカクシカクを意識してみる。主題を全体の8割に。端っこを合わせて仕事キッチリ。」
(花倉里京先生のセミナーで)

「四角の中に入っていればいい、っつう感じ。」
(荒木経惟「天才アラーキー写真の方法」より)

なるほど、その程度意識していればバッチリってかんじですね!

ただ、四隅キッチリは、光学ファインダーでは、なかなか難しい話ではあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする