炎を撮る

DSCF1775

大阪の茶屋町でキャンドルナイトをやってました。
たまたま通りかかったんですけど、これはいい被写体だと思って撮ってみました。

スマホでとっている女の子たちが多かったですが、一眼レフでかぶりつきで撮影されているマニアックな感じの人も多かったです。X20だと真剣度「中」くらいですかね?

夜の暗い中で、炎を撮るのって、けっこう難しいです。上の写真は、絞り優先のF2.2です。シャッタースピードは1/38秒。露出ダイヤルを一番マイナス側にしてたかな? ISO200でホワイトバランスは太陽光です。

まあまあ綺麗にとれたと思うのですが、どうでしょ?
いろいろ設定を変えながら、撮ってみたのです。もっとふさわしい設定があるような気がしますが、まあ、よいでしょう。

こういう写真は昼間のスナップと違って、撮影に時間がかかりますねー。ボケボケだったり、変な色だったり、ぶれてたり、設定を変えながらひたすら試すのが、上手な写真を撮るコツなのかなあ。ほとんど、ダメ写真でした。

たぶん、X20なら全自動モードに任せたほうが簡単だと思いますが、そこはさらなる上達を目指しておりますので、極力マニュアル操作を愛用しております。

DSCF1783-001

[キャンドルナイト] ブログ村キーワード

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク